注文住宅とは?よくある疑問や解決方法について初心者にも分かりやすく紹介

自分の家を持ちたいと思った時に、多くの方が頭に浮かぶのは土地を探してハウスメーカーを選んで、そのハウスメーカーに家を建築してもらうという流れだと思います。
注文住宅とは様々な自分の要望を伝えて、その通りに建築する住宅の事を言います。
逆に元からハウスメーカーが事前に土地と家を建築してある場合は、建売住宅となります。
注文住宅に比べて、建売の方はある程度区画が決まっているので、購入費用が少なくて済みます。

注文住宅とは?よくある疑問や解決方法について初心者にも分かりやすく紹介

注文住宅とは何なのか疑問に思っている方も多いでしょう。
そこで注文住宅とは何なのか質問に答えたいと思います。
家が欲しいと思ったらすでに建築されている住宅を購入するか、何もない更地に一から家を建築するのかどちらかを選択する事となります。
自分で住みたい拘りがあるのであれば、その要望を叶えられるのは、注文住宅となります。
注文住宅とは住みたい家の要望を伝えて、ハウスメーカーに様々な注文を出して建築する家の事を指します。
壁紙から壁面の素材等もすべてを決めるので、本当にこの世に一軒しかない家に仕上げることが出来るのが、注文住宅の良いところです。

注文住宅で必要になる費用はどれくらい?

注文住宅で必要な費用は主に3種類に分かれていて、本体工事費は建物を建築するときにかかるお金で合計金額の75~80%程度が相場です。
仮設・基礎・木工工事などの基礎・構造づくり、外装・屋根・窓やドア・断熱材・タイルの取り付けなど、電線・水道管の配線と配管、空調・住宅設備の設置などで庭の造成・駐車場・門などは別です。
次に付帯工事費は建物以外のお金で総額の15~20%程度、こちらには庭・駐車場・門などの外構、水道管・ガス管を敷地内へ惹き込む工事・照明・カーテンなどの購入や取り付けなどです。
また、古い家を壊すときは解体費、土地の状態により地盤調査・改良費なども発生します。
諸費用は建築工事費以外のお金で総額の5~7%程度、契約に関した手数料・印紙代、家を購入した時に発生する税金関係・住宅ローンを組んだ時にかかる手数料などや家具・家電の購入、引っ越し代なども含まれます。
これらは現金で支払うことが多く、注文住宅のプラン・契約内容で変わってくるため余裕を持って10%分程度用意したほうがいいです。

注文住宅におけるローンの組み方は?

注文住宅のローンの組み方には、大きく分けて一本化・二本立て・つなぎ融資があります。
一般的には一本化が多いかもしれませんが、これは土地の購入費と家の建築を一つにしてローンを組むもので、申し込み手続・返済がシンプルで手数料も減らせます。
ただ、土地選びから家の建築計画を決めるまで急いで家のプランを完成させないといけないので、土地の売買契約を締結してから実行されるまで、土地の売主に決済を待ってもらわないといけません。
途中で必要な費用が足りなくなった時はつなぎ融資などの対応が必要で、他にも土地先行融資の分割融資もあります。
次に2本立てで注文住宅を建てる場合は、土地と建物で別に組んで土地代が先行融資されるので頭金で土地代の支払いが難しい時に、利息が高いつなぎ融資は使わずに支払えます。
別に組むと手続も2回行うので、契約の書類準備の手間・締結するときの時間、手数料も2倍かかります。
つなぎ融資は、金融機関で契約をしてから実行されるまでの期間中に必要な、工事中の支払いなどの資金調達をするためにお金を借りるものです。

注文住宅の土地探しをする際のポイントとは?

一生に一度の注文住宅のマイホーム取得は、慎重にならなければなりません。
場所の選定に当たっては、まず日当たりを重視しなければ絶対と言ってよいほど後悔します。
通勤、通学、その他予算上の問題により自分が気に入った敷地を購入できるとは限りませんが、ポイントとして、購入する土地の南側が十分余裕があり、将来にわたり建物の建築行為がされないような場所を探すべきです。
実際、注文住宅を建築するときは、建物を南向きに建築することがベストであり、そのような形状のところを探すべきです。
昔から、日光が家に中に入る家は健康にも良く、建築の常識となっています。
昨今、良さ上、思うような土地が手に入りにくくなっていて、仕方なく南向きに建築できなかった住宅のほとんどが日当たりの問題で後悔されているところが多いのが事実です。
購入してからでは遅いので、購入する前に充分日当たり当の要件を満たしているかを判断し、購入することをおススメします。
決して焦ってはいけません。

注文住宅は着工から完成までどのくらい期間がかかる?

注文住宅が着工から完成するまでの期間ですが、一般的に8〜15ヶ月かかると言われていて早くても半年から7ヶ月はかかかるので早く完成させたいときには作業スケジュール・家族の意見を纏めておくなど事前の準備が欠かせません。
簡単に流れを見ていくと、土地探しと選びで1週間から3ヶ月程度・ハウスメーカーなど施工店の決定に1ヶ月ほど、住宅ローンの申し込みで2週間から1ヶ月・住宅プランの決定が2週間から1ヶ月、工事契約と地鎮祭が1週間、施工は3ヶ月から4ヶ月でその後の確認・登記が1ヶ月です。
実際には、注文住宅の規模や天候なども関連してくるためこれはあくまで目安でありもっと遅くなる場合もあります。
土地から購入して住宅を建築するときには最初に土地を探すことから始まり、完成時期から逆算し約1年半から10か月前に探す人が多いです。
この時には通勤・通学の利便性、駅からの距離・周辺の環境、公共施設・スーパーなどの商業施設などを確認し出来れば昼間と夜、平日と土日なども見ておきたいところです。
災害も増えているのでハザードマップを見てから安全度が高いかも重要です。

注文住宅のアフターサービスはどのような体制?

注文住宅には、それぞれアフターサービスと呼ばれるものが存在しています。アフターサービスとは、注文住宅を建築した後に行うサービスのことです。例えば、1階の部屋にあまりライトをつけていなかったけども、実際に住み始めてみるとライトが必要になるケースがあります。このような場合、アフターフォローをしてくれることになりますが、このような体制でしょうか。それに関しては工務店を始めとする建築会社によって様々です。例えば、10年体制のところもあるかもしれませんが実際には10年以上その仕組みを継続するケースは少ないです。中には、その会社が継続する限りサービスを行っているようなところもあります。逆に言えば、その会社が倒産してしまった場合には、もはやサービスを受けることができません。このように考えれば、半永久的なものであっても、いつか終わりが来ると理解しておかなければいけません。やはり10年程度の保証が現実的といえます。

注文住宅の断熱性はどのくらいのレベル?

注文住宅の断熱性については、大きく充填断熱工法と呼ばれるものと外張り断熱工法があり両方を併用する場合もあります。前者については壁や屋根の内側に断熱性の高い繊維系の素材が使われることが一般的で、コストが比較的安いという点が特徴です。屋根裏に敷くだけでも効果が得られることや、断熱面積が小さく熱が放散するロスが少ないといった点がメリットと言えるでしょう。デメリットとしては通気性を高めるために別の工事が必要なことや、一度断熱するとほかの部屋(屋根裏)などの利用が出来なくなるという点です。後者は注文住宅でも良く利用されているもので、デザイン性や腐食しにくいといった特徴があり、配管工事もしやすいのが特徴です。その分価格は高めで施工じたいも特殊な工法が必要なため専門の職人が必要となり、人件費も係るためその分でも高額になります。また家を包むように作られているため、広い家だと隅々までエアコンを利用しないと適切な温度になりません。

注文住宅の防音性能はどれくらい?

注文住宅の防音性能は構造によってさまざまですし、防音室としての機能を持たせると格段に向上します。構造ごとの一般的な傾向として、鉄筋コンクリートが最も音を防げ、鉄骨造と木造が同程度です。壁に入れる断熱材が多くなると音を通しにくくなる傾向があります。防音室にするならば、DRという遮音の指標を意識しながら設計するのがおすすめです。DRは音の大きさを表すデシベルという単位を基準にして定められています。DR50から60くらいの遮音が一般的で、50だとピアノの演奏が小さく聞こえる程度になります。防音室の外で寝ている人がいても起きることはないレベルです。60になるとピアノの音がほとんど聞こえなくなります。中でされる会話などはまったく聞こえないレベルの遮音です。最終的な防音性能は、住宅の構造と関係があります。高いレベルの遮音を求めるならば、注文住宅は鉄筋コンクリート造を選ぶのが一般的です。ただしコストが高くなる傾向があります。

注文住宅の施工エリアは決まっている?

注文住宅とは自分で設計をしないで、出来上がっている家(住宅)のことです。メリットは完成しているため早く住むことができることです。間取りなどにこだわりがなければこちらがいいです。また値段も少し下がりますから経済的負担がやや小さくて、顧客に満足されている状況です。注文住宅が建っているエリアも関係してきますから、どこの地点がどうであれ、どこに行った方がいいのかなどいろいろ考えてきます。周りの環境にも大きく影響してきますから、まわりが騒音であったり、自然環境がよくなかったりしていれば諦めたほうがいいです。一生住む家ですから満足ある空間にしたいものです。そのためにはエリア構想をいかにして利用するかになってきます。税金も関係してきますからしっかりした査定がいいようです。資産価値があればあるほど、自分に対するプレッシャーは大きいものがあるのです。そのプレッシャーを弾き返すような意見や案を出してほしいものです。

注文住宅における土地探しの相談はどのようにしたらいい?

注文住宅を建てる土地を持っていない場合は、土地探しをしないといけません。土地探しで最初に相談したいのは不動産屋だと考えられますが、地元に根付いている不動産屋であれば地域で売りに出されている土地や貸し出されている土地のリストを持っている筈です。自分で注文住宅を建てる候補地としての土地を見てみたいというケースもありますが、チェックしてもすぐに土地を買えるということではありません。本当にその地域の土地を買いたいのであれば、不動産屋に早めに相談をするのが大切になります。不動産屋との話し合いでは土地を買うときの費用やローンなどについて質問をしておくと、土地を買うときにローンを組むことができる銀行があるかどうかを聞くことができる筈です。不動産屋は専門的な知識を豊富に持っているので、注文住宅を建てられる土地をスムーズに見つけることができますし、買うときに必要となるローンなどについての悩みも解決することができます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅について知ろう

自分の家を持ちたいと思った時に、多くの方が頭に浮かぶのは土地を探してハウスメーカーを選んで、そのハウスメーカーに家を建築してもらうという流れだと思います。注文住宅とは様々な自分の要望を伝えて、その通りに建築する住宅の事を言います。逆に元からハウスメーカーが事前に土地と家を建築してある場合は、建売住宅となります。注文住宅に比べて、建売の方はある程度区画が決まっているので、購入費用が少なくて済みます。

Search