注文住宅とは?よくある疑問や解決方法について初心者にも分かりやすく紹介

注文住宅の土地を見つけていただいた際の仲介手数料はどれくらい?

よく賃貸物件と一戸建て住宅はどちらがお得かといった議論がありますが、これは果たしてどちらがお得なのかは経済的合理性の観点から考えるかどうかによって異なります。
経済的合理性の観点から理解するならば、基本的には持ち家は振りになるでしょう。
しかしすべての人がそのように理解しているわけではなく、注文住宅を建築する場合の喜びなどを考えると、一概に賃貸物件の方が良いとは言えません。
注文住宅を建築することそしてそこに住むことに喜びを感じるならば、まずはハウスメーカーや工務店を選ぶと良いかもしれません。
これを選んだ場合、土地を見つけてくれるケースが多いです。
もともと土地を所有していなければ、土地を見つけてもらうしかありません。
その時にかかる手数料がどれぐらいか気になるところですが、通常は物件価格の3%になります。
そのため、その価格がどれぐらいなのかをまず見定めてからお金を用意する必要があります。
既にお金を用意していきなければいけません。

注文住宅を建築する場合はお金がどの段階で発生するか

お金はとても大事なものですが、必要な時に使うためにあります。
例えば、大人になって結婚した後家族ができると、住宅を購入しようとする日本人が多いです。
最近は持ち家に関しては否定的な意見もありますが、満足度を得ることができるならば、注文住宅を建築してみても良いでしょう。
注文住宅を建築するにあたり、どの段階でお金が発生するか気になるところです。
当たり前の話ですが、契約を結んだときにお金が発生するのは問題ない所でしょう。
一方で、日本人の多くは住宅ローンを組む傾向にあります。
20年から35年の間でローンを組み、その間少しずつ返済をしていく流れになります。
この時土地を購入するならば土地を購入した段階でローンの審査が行われます。
ある程度この段階でお金が動くと考えて良いかもしれません。
土地は既に持っていて建物だけを建築する場合は、建物を建築する前にローンを組むことになるため、その段階でお金が動きます。
ただ、初期の段階では全額ではなく半分だけの支払いになることが多いです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅について知ろう

自分の家を持ちたいと思った時に、多くの方が頭に浮かぶのは土地を探してハウスメーカーを選んで、そのハウスメーカーに家を建築してもらうという流れだと思います。注文住宅とは様々な自分の要望を伝えて、その通りに建築する住宅の事を言います。逆に元からハウスメーカーが事前に土地と家を建築してある場合は、建売住宅となります。注文住宅に比べて、建売の方はある程度区画が決まっているので、購入費用が少なくて済みます。

Search