注文住宅とは?よくある疑問や解決方法について初心者にも分かりやすく紹介

注文住宅にはどのような工法がある?

気になる注文住宅、いったい住宅の建て方にはどのようなものがあるのでしょうか。
代表的なものを以下にまとめてみました。
ひとつは木造軸組と呼ばれるもので日本に古くから伝わる建築技法です。
日本の風土に最も合ったものと言えます。
狭い土地や変形した敷地にも柔軟に対応できるのが特徴です。
木造建築のもう一方の代表格と言えば木造枠組壁式です。
2×4(ツーバイフォー)と表記されることもあります。
北米からやって来た建築技法で、断熱性・気密性に優れています。
様々なデザインへの適応力もあります。
木造ラーメンと呼ばれるものでは鉄骨ラーメン工法と同じく開口部を広く取ることができるのが特徴ですが、建築後の間取り変更に差し支えが出ないところが鉄骨との違いです。
木造軸組パネルは、木造軸組と木造枠組壁式を組み合わせたものでハイブリッドとも呼ばれます。
鉄骨軸組は、木造軸組と同じような構造で鉄骨を使った方法です。
木造と比べて品質が安定しやすいです。
木造ラーメンの鉄骨版が、鉄骨ユニット(ラーメン工法)です。
重量鉄骨造とも呼ばれ、木造のラーメン構造と同じく開口部を広く取ることができ広々とした空間を作ることができます。
また、比較的歴史の浅い方法ではありますが多くのハウスメーカーが採用しバリエーションも豊富なのが、軽量鉄骨造(鉄骨系プレハブ)です。
いかがだったでしょうか、注文住宅をご検討の際には是非参考にしてみてください。

注文住宅購入の際の支払い方法について解説します。

マイホームというのは人生で一番高い買い物と言われるように、購入するとなればそれなりに決意が必要です。
なぜなら間違いなく現金一括で支払う事は難しいからです。
そうなるとどのように支払うかといえば、銀行に住宅ローンの申し込みをするのですが、金額は数千万円になります。
簡単に支払える金額では無いのです。
ですから注文住宅を購入するのは、人生のビッグイベントと言えるでしょう。
そしてその注文住宅の住宅ローンの支払い方法はどうすれば良いのでしょうか。
流れはこうです。
まず購入者が住宅ローンを申し込みます。
そこで審査に通過すれば、家を建てるハウスメーカーへ銀行が支払いを行います。
そこから購入者が銀行に支払いを行うのです。
ショッピングのローンと同じです。
支払い方法は分割にする場合は、最長で35年ローンです。
長くすれば毎月の支払い額は減りますが、金利がつくので総支払額は多くなるので、分割にするのでもその点を踏まえて住宅ローンを組むようにしましょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅について知ろう

自分の家を持ちたいと思った時に、多くの方が頭に浮かぶのは土地を探してハウスメーカーを選んで、そのハウスメーカーに家を建築してもらうという流れだと思います。注文住宅とは様々な自分の要望を伝えて、その通りに建築する住宅の事を言います。逆に元からハウスメーカーが事前に土地と家を建築してある場合は、建売住宅となります。注文住宅に比べて、建売の方はある程度区画が決まっているので、購入費用が少なくて済みます。

Search